無線 azt 通信
無線 azt 通信

無線通信(応用編)

ドックマーカー

 皆さんはドックマーカーをご存知でしょうか?ドックマーカーと文字通り犬(ペット全般)の位置を無線で確認できる装置の事で一部の地域ではペットとして飼われてる動物すべてにマーカーを埋め込む事を推奨している所もあります。最近から出始めた無線通信技術を応用した商品なのですが残念な事にこの商品の大半は「電波法違反」に触れてる商品です。本来無線機局を開設しなければいけないほどの電波を発する無線機器の売買は禁止されていますが、無線通信の技術の多様化で電波法の規制が追いつかないのが現状です。また、近年のブロードバンド化によるインターネットを使った高出力無線機の売買も行なわれており中々すべての電波を管理するのは難しい状態になっています。最近では違法な高出力電波を放っていたドックマーカーを違法に飼い犬に装着していたとして飼い主が捕まる事件もありました。

個人的にはペットや愛玩動物などには無線機で飼い主が誰なのかわかる様な技術を普及して欲しいと思っています。

GPS

 皆様おなじみGPSです。このGPSが何の略か知っていますか?G:グローバル、P:ポジショニング S:システムの頭文字をGPSと呼ばれているそうです。私は調べてみて初めて知りました。近年では宇宙開発で民間からも人工衛星が打ち上げられる事からだいぶ普及しています。特に観光地に配備されているレンタカーにはGPSカーナビが標準装備といって良い位の普及率です。

このGPSは元々軍事技術の発展であり、地上から発信された電波を複数の人工衛星で受信し、その位置を割り出すと言う非常にめんどくさいモノです。実際に細かく説明しろといわれたらアインシュタインの「相対性理論」を持ち出す羽目になるので詳しく知りたい方はご自身で調べなおしてください。

GPSといえば私の中ではやはりレンタカーの記憶が一番大きいです。GPS連動の初期のカーナビは中々ユーモアが溢れていいて、高速道路を走っているのにカーナビの画面上では海の上を走っていたり、街中を走っていてナビからビルを突き抜けて走れと言われたりと本当に当時のカーナビは笑いのセンス溢れる通信機器でした。最近のカーナビはGPS通信のほかに道路の近くに電波の発信機が設置されているため都心部でのカーナビの誤差率は300mも無いそうです。

太陽光発電

 文字だけ見れば無線技術と関係ないとお思いでしょう。私もたぶん無線通信や無線技術にはあまり関係が無いと思ってはいるのですがロマンを感じたので応答として乗せますのでご了承ください。

実はこの太陽光発電技術が一番進んでいるのは日本だそうです。確かに日本は「資源が無い・土地我無い」と技術力で何とかしてきた国ですので、そういった事に関しては他国よりずば抜けているとは思っていました。しかし、今回ご紹介するのはそんな簡単なレベルではありません。今回日本が打ち出した太陽光発電プランは発電所が宇宙に有るのです。まぁ、確かに今まで人口衛星の電力は太陽光発電で賄っていましたから宇宙で電力発電が出来るのは解っていましたが、その電力をどうやって地上に送電するのかが問題(本当の問題は資金面で理論は昔からあった)でした。

確かに、空よりも高い3600km上の静止衛星から送電する技術はいまだかって誰も行なった事が無いですし、宇宙で発電した電力を実際に地上に向けて送っても大丈夫なのかと言った環境被害面の心配もありますが、この技術が確立すれば日本のエネルギー問題が一気に解決できます。

送電方法に関してはレーザー通信か、マイクロ波通信か決めかねているそうですが実際に衛星~地上間通信が確立される事は人類のエネルギー問題の解決の糸口なるかも知れません。

ちなみに、一部の人たちが危惧している宇宙太陽光発電の危険性ですが、マイクロ通信やレーザー通信をそのまま軍事兵器に利用できる事です。確かにマイクロ通信の通信方法は電子レンジと同じですから通信間に動物がや物があったら、確実に大変な事になります。おそらくその点に関して発電施設を軍事転用する可能性が少ない分、「アメリカ」よりも「日本」が開発を行う事で平和利用できるのだと思います。

この太陽光発電が何となく解りにくい方は「GA○DAM」の新世紀を観ると何となく解ってくれる筈です!!

無線機とは?国家資格トランシーバーインカム様々な無線機

無線通信無線通信(応用編)無線Q&A

Copyright (C)無線をはじめよう 2009 All rights reserved.

当サイトはリンクフリーです。