無線 azt 通信
無線 azt 通信

 

無線通信

 無線通信技術は皆さんの周りでひっそりと使われていますが、皆さんはどのような機器に無線が使われていると思いますか?会社設立の時など、実際にはかなり沢山の無線通信が色々な機器に使われています。このページでは無線通信技術の使われている機器をご紹介いたします。

ラジオ

 人類が初めて無線通信で音声を送ったのがラジオです。その前に電通と言う「モールス信号」とう信号通信がありましたが、実際に音声で通信するには技術的に発展途上だったため、短距離の無線通信しか出来ませんでした。今のラジオの原型が出来たのが1902年頃で、割りと最近の技術だとしりました。

一般的に私達が持っているラジオは無線技術の受信用の機器ですが、ラジオを放送するラジオ放送局は電波の受信用・送信用の技術や機器を備えています。ラジオ局の運営は殆んどが企業が行なっているいますが、アメリカといった欧米諸国の一地方などには個人で放送局を運営している人もいます。日本でも若干名の個人ラジオ局が有ると聞きますが、個人で放送するラジオは電波範囲や商業用の電波帯域の違いから、あまり有名ではありません。また、最近のインターネットや通信機器の発展による情報化がラジオの放送形態を少しずつ変えていってます。

個人的な感想ではラジオは放送としてかなり正確な情報を流しているとおもいます。音声のみで相手に情報を伝える事の重大さが理解できていないと、今後も若者のラジオ離れが著しくなってしまいます。ちなみに筆者のオススメのラジオ番組は「伊集○光の深夜の○カヂカラ」です。深夜番組ですが元々落語家の弟子であっただけあり話はとても面白いのでラジオを聴いたこと無い方は是非オススメします。

テレビ

 今では一般大衆の定番娯楽にのし上がったテレビです。ラジオで得た音声通信技術の応用で映像も無線通信で送る画期的な技術によって張られた場所にいながら色々な映像を楽しめる通信機器です。日本では最近「地上デジタル放送」へ移行するために各家庭で「地デジ対応テレビ」の購入が加速しています。この地デジ放送へなぜ移行するのかは色々有りますが一番の理由が「携帯電話の通話帯の確保」「通信機器の向上によるテレビ番組の情報化」があります。先に書いた「携帯電話の通信帯の確保」はそのままの意味で、近年の携帯電話普及率が著しい事が今後、携帯電話の通話帯の圧迫になりかねない事を危惧して現在使われているテレビの通信帯を携帯電話の通信帯と統合し、通話帯域の確保を図ろうといています。また「通信機器の向上によるテレビ番組の情報化」は「携帯電話の通信帯の確保」で出たテレビの放送帯域を変える際に、アナログ放送からデジタル放送に変えることでテレビ放送のデータ放送を可能にしました。

テレビの放送携帯は昔に比べて多様化、複雑化になっています。無料の民間放送があれば有料の国営放送もあります。また映像の通信方法も有線ケーブルで安定した映像を放送する放送局もあれば、衛星を使った広域放送を売りにした放送局もあります。最近ではインターネットでもテレビ放送を行なうと所が多くなったためか、テレビの存在意義が薄れつつあります。

テレビに付いて個人的に思う事なのですが、最近のテレビの偏向報道はますます酷くなっているように思います。また、ニュース番組においても話題性や情報のスピードが重視されニュース本来の正確性や社会性は殆んど無くなっています。一昔前は手軽な情報源として扱われていたテレビですが近年のインターネットの普及により、個人が必要な情報や疑問に思った情報が簡単に探し出せる事から今まで行なってきた偏向放送が一気に噴出した形になってるのかも知れません。そのため、殆んどの方は今の報道や問題の取上げ方に疑問を持っている事は確かな事だとおもいます。テレビが手軽な情報源として復活するには話題性だけではなく正確な情報を放送していかなければ、今後のテレビ放送はますます衰退していくと思います。

check

さいたま市の永代供養墓

2017/8/17 更新

無線機とは?国家資格トランシーバーインカム様々な無線機

無線通信無線通信(応用編)無線Q&A

Copyright (C)無線をはじめよう 2009 All rights reserved.

当サイトはリンクフリーです。