無線 azt 通信
無線 azt 通信

様々な無線機

 実は無線機にはその通信範囲に応じて種類分けがされているにはご存知でしょうか?ココでは無線機を使わない人が一緒だと思っている無線機の違いを簡単に説明いたします。

特定省電力無線

 殆んどの人が無線機と言えばコレと思う無線機は特定省電力無線が殆んどです。実際このような難しい漢字で書いてあったらなんだか解らないですがお手軽な無線機の代名詞「トランシーバー」や「インカム」がこの特定省電力無線に分類されます。特定省電力無線の特徴はその通信範囲の狭さと通信機器の簡易さ、その為通信機器が安価、小型で持ち運びが簡単で操作も簡単な事です。そのため無線機でありながら無線免許の習得も無線局の開設の申請も行なわずに無線機を扱えます。一般人が無線機を簡単に扱える最大の利点が通信距離です。本来無線通信機は遠くに電波を飛ばそうとすると大量の電力を必要としますが、特定省電力無線は文字通り省電力ですので一定の範囲内(殆んどが500m前後で障害物無い電波通信が簡単な所では1km近くの通信が可能な場合もある)でしか使えません。無線や電波の事を勉強していない一般人に大出力無線機を扱わせれば大変な事になってしまう事から、簡単に使えるが通信範囲が限定された無線機の規格を造ったのだとおもいます。

トランシーバーやインカムの通信距離でお悩みのアナタに素敵な朗報です。最近はインカムやトランシーバと言った簡易無線を仕事で使う職種が増えたためかその通信範囲を広げる中継器がよく利用されています。通信範囲が劇的に広がる訳ではないのですが業務の円滑化を考えている事業主の皆様は一度お使いになってみる事をオススメします。

中距離無線

 トランシーバーやインカムとは違いこのクラスの無線機になると運用に免許や申請が必要になってきます。業務用に使う無線機の殆んどは免許を持っている人を責任者にして無線機を運用しています。この「中距離無線」の通信範囲は5kmほどで、上記の特定省電力無線よりも広域に通信が出来るため配達など区画単位で運用しています。ちなみに最近「新簡易無線」という2km以内の通信用中距離無線が登場し、「簡易無線」「新簡易無線」の2つを一括りにして中距離無線として扱っている所が多いです。

中距離無線の運用法はインカムやトランシーバーで通信が困難な街中(市内でのお祭りや高層ビルの警備など)で運用がメインです。また珍しい使用方法として、リゾート地にあるパーセリングやスカイダイビングの通信方法として使用されていたりします。皆さんの中に中距離無線を使ってみたい方がいましたら是非空へ舞い上がって観てください!!

長距離無線

 このクラスになると一般人が扱うには免許を取得して個人で開局するか、長距離無線を扱う仕事に就くしか、運用は出来ません。長距離無線と中距離無線の基本的な違いは、通信距離が格段に広い事が上げられます。長距離無線の通信範囲は約50kmで上記の2つの無線機とは通信範囲が桁違いに広い事が掲げられます。遠距離通信が50kmもの距離を通信できるには訳が有ります。遠距離通信はその通信距離を稼ぐために中継局を介して通信を行なっているのです。コレだけなら単に「特定省電力無線」の中継通信と同じだとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、遠距離無線は中継局に電波を中継してもらう際に別の無線通信と混線を避けるため通信チャンネルを別々の回線に振り分けるのです。特定省電力無線は中継器を使えば、通信距離は伸びますが通信を割り振らないため混線する場合がありますが、遠距離無線は複数の回線を一度に使える(割り振る)ため、無線通信の混線が殆んどなくなっています。しかし、中継局の回線の数にも限度が在り、その数を超える無線機通信が入ると混線を起こしたり繋がらなくなったりすることがあります。基本的に遠距離無線の通信は30km以下まで単体で通信が可能です。しかし前記に書いてある通り無線混雑を解消する為と、通信距離の拡大を果たした事で、広域で無線機を運用する運送業やタクシー業界に取っては必需品になっています。

長距離無線機はタクシーや運送業だけではなく私達の暮らしを守ってくれる「警察」や「消防署」、「病院」と言った所でも使われています。近年はインターネットで簡単に高出力無線機が購入できてしまうため、免許を持たない違無線局が多くなっているそうで、特に警察無線などの緊急無線の周波数帯に近い無線周波数を使っている違法無線は今後厳しく取りしまる対象になると思います。

おすすめWEBサイト 5選

プログラミングスクール 東京 人気

2017/8/17 更新

無線機とは?国家資格トランシーバーインカム様々な無線機

無線通信無線通信(応用編)無線Q&A

Copyright (C)無線をはじめよう 2009 All rights reserved.

当サイトはリンクフリーです。