無線 azt 通信
無線 azt 通信

インカム

 インカムの世間での認知度は一体どの程度のなのかは知りませんが、この無線通信機器がよく使われる職業といえば、テレビ局です。たとえばニュース番組内のニュースキャスターは常時耳にインカムを装着していますし、ドラマ等で警察や刑事がお互いに連携を取り合っている描写をインカムで表現していたりします。このようにインカムは私達の意外な所で活躍していますが、一体インカムとは何なのでしょうか?無線通信機でありながらこんな変な名前の由来ってなに?と不思議に思う事は尽きないと思ういます。ここではそんなインカムについて徒然とかいています。

インカムがどうして「インカム」と呼ばれるようになったのかと言うと正式名を略したからです。実際の正式名称は「イヤホン・コミュニケーター」と 言い、このイヤホンコミュニケーターがなまってインカムと呼ばれるようになりました。インカムのカムの部分が入っていないと思っている方はイヤホン・コミュニケーターを英語に訳して観ていただければ解りやすいかとおもいます。インカムの利用場所ですがその殆んどが「コールセンター」や「ニュースキャスタ」と言った窓口業務や両手で仕事をする職業に利用されています。近年では、イヤホン・コミュニケーターの名前のとおりに耳に付ける小型のマイクと併用して幅広い職種に使われています。インカムを特によく使う、しゃべりながら両手を使う仕事や、テレホンコミュニケーターなど、電話越しの注文や質問・クレームの対応に使ったり、運転中に手を使わずに携帯電話が使えるようにイヤホンとマイクが一体型になったのがです。


インカムの利点はまだまだあります、たとえば一般的なインカムは送信ユニットと受信ユニットが別々です。ユニットが別になっている理由は送信にのみ使う職場があったり、反対に受信のみで使う場合があるからです。またインカムが壊れた時に修理に出すときに壊れた無線機を修理に出せばいいので 修理費も安くて済みます。その他には古くなって買い替える場合にも無線機の規格が合えば送信機・受信機を順次買い替えが出来るので買い替え費用の削減にもなります。

インカムは無線機なのか?

無線通信定義が「有線を使わずに機器間同士で通信する」事なので、この定義に当てはめれはインカムは無線機になります。インカムやトランシーバーと言った特定省電力無線はその通信範囲と外見の安っぽさや値段と簡単に手に入る事から「無線機」の扱いをあまり受けずに世間に浸透していったためオモチャや一般の携帯電話の扱いを受けているのは事実です。最近ではインカムやトラシーバーのデメリットであった通信距離を中継機器を使って飛躍的に通信距離をのばすタイプも登場しています。今後ますます手軽で簡単・便利に使える無線機として普及していくと思います。

個人的に筆者もインカムを使った事が有ります。無線機として使うには問題はありませんが、複数の人数が併用して使うと混線が起ったり、ノイズが入ったりするため使用する人間が無線機をちゃんと使いこなす訓練や知識を身に着けていなければいくら便利なインカムやトランシーバーを持っていても宝の持ち腐れになってしまいます。皆さんが「インカム」や「トランシーバー」などの無線機を使い際には用法・容量を守って正しくお使いください。

Valuable information

葬儀 比較

最終更新日:2017/8/17

無線機とは?国家資格トランシーバーインカム様々な無線機

無線通信無線通信(応用編)無線Q&A

Copyright (C)無線をはじめよう 2009 All rights reserved.

当サイトはリンクフリーです。