無線 azt 通信
無線 azt 通信

無線機とは?

 私達の日常生活に無くてはならない無線機ですが皆さんは無線機にどの様な感じを受けますか。仕事で使っている方は必要な通信機器として認識していたり、一般人は中々使う機会がない工場用の通信機だと思っている方もいらっしゃるんじゃ無いでしょうか?しかし無線機は過払いのご相談なら法律事務所と言ったように身近に存在するものです。このホームぺジはそんな無線機について個人で何となく解説しちゃったりします。

では、まず初めに「無線」とはどのような事を指すのでしょうか。無線は文字道理「有線をつかずに機器間を通信・操作する事」で、配線を使わずに機器間通信を行なえばどのような機器でも無線を使用した事になります。具体的には私達が常に使っている「携帯電話」や「テレビリモコン」、「ラジオ」と言った機器も広い意味で「無線機」として分類できます。時代と共に操作機器や通信機器の無線化は場所を選ばずに使える簡単で利便性の高い技術として無線は私達の生活に浸透しています。近年の「無線機」として分類できる機器の中で90年代後半から爆発的な普及率を見せた携帯電話は、今では通話だけではなく、ネットワーク接続で世界中どこにいてもインターネットが使用できる機能が標準で使えるようになっており、子供向けの携帯ゲーム機にも無線通信が当たり前で、別売りの機器を取り付けることでインターネットを閲覧できる無線LANも各店頭で簡単に購入できる時代になっています。このように本当に無線技術が溢れている現代ですが、その無線の仕組みを構築するために長い時間をかけ、様々な人々が試行錯誤を繰り返し今の無線機があるのを忘れてはいけません。



無線機のメリット・デメリット

 今の現代人は当たり前のように使っている無線技術ですが、機械や技術によって当然のように得て不得手が存在します。無線機のメリットとはどの様なモノなのでしょうか?

近年無線機が爆発的に普及したのはその名の通り配線を使わずに通信が行なえるため、船舶や航空機、車両など移動する乗り物の通信手段として無線機は導入されました。特に、常時情報収集が必要なパトカーや救急車、航空機などは、常に情報機関と綿密な連携を取りながら移動しているため非常に重要な通信機器として扱われています。また、無線通信は通信費が安価な事でも優れています。特に有線通信のような機器間通話を行なうの配線が必要な機器は通信距離分の配線設置しなくてはならないため配線の設置料金がかかります。その点無線通信は、通信機器をそろえれば安価で通信が出来るメリットを持っています。

デメリットは通信にムラが有ることです。何度も書きますが無線通信は配線を使わずに機器間通信を行ないますが、その通信間に障害物や通信機器を阻害するモノが有ると無線機の通信性能は極端に落ちてしまいます。また、有る程度近距離であれば無線通信には問題は無いのですが、通信距離が長くなると通信障害を起こしやすい事もデメリットに掲げられます。また、無線通信の単独長距離通信には莫大な電力が必要となりますが、有線通信の場合は通信距離が長くなっても信号の劣化は少なく、省電力で安定した通信が可能で有るため、移動する必要の無い通信施設や中継局は有線通信を取り入れている局もあります。

recommend

鍵交換で身近な防犯対策を!低価格な鍵から高機能な鍵まで対応中

鍵 交換

名前入りの卓上カレンダーをご注文いただけます!

卓上カレンダーを探す

無線機とは?国家資格トランシーバーインカム様々な無線機

無線通信無線通信(応用編)無線Q&A

Copyright (C)無線をはじめよう 2009 All rights reserved.

当サイトはリンクフリーです。